vol.74 「敬老の日」、「秋の全国交通安全運動」 ~ 中川郁子のメルマガ/中川ゆうこの“ゆうこう(有効・友好)便” ~

こんにちは、中川郁子(ゆうこ)です。

今日20日は「敬老の日」です。多年にわたり社会につくしてきた高齢者を敬愛し、長寿をお祝いする日です。

敬老の日

高齢者の夫婦のイメージ

敬老の日を前に、帯広市内の社会福祉法人光寿会「地域密着型介護老人福祉施設 アルペジオ」で、森須賀子さんに介護施設の現状などを伺って参りました。

◇面会状況などについて、教えてください。

森さん:少し前まではコロナ禍で、ご家族の皆様と面会する事ができず、淋しい想いをされていたと思います。
昨年は、オンライン面会など人との接触を避けるよう工夫していましたが、タブレットを通しての面会では身内だと判らない方も多く、落ち着かないご様子の方や、怒りっぽくなられる方もいらっしゃいました。ワクチン接種が進んだことで、最近は予約制にはなりますが、応接室を使った面会が可能となり、喜ぶ皆さまの姿が多くなりました。

◇デイサービスの利用については如何ですか?

森さん:デイサービスの利用については、バス車内の消毒を徹底させ、密にならないように少人数で送り迎えをするなどの工夫を行っています。
また、私たち光寿会の理念は「一人ひとりに光を当てる介護」なのですが、高齢者やご家族の不安が解消できるようにコミュニケーションを大切にしています。また、若いスタッフが頑張っていることで、皆さん安心されていると思います。

◇自民党に期待することは?

森さん:「介護離職ゼロ」を目指す観点から様々な政策をお願いしたいと思っています。
高齢者の介護をされているご家族は、本当に大変です。ご家族に寄り添う政策をよろしくお願いします。

誰もが健康で幸せを実感できる日本をつくっていくためには、地域包括ケアの充実を図ることが重要であり、介護従事者の皆さまのご苦労に見合う処遇の改善などが急務です。わたしは介護の最前線で頑張っておられる皆さまを全力で応援したいと思います。

帯広のアルペジオで対談する中川郁子(ゆうこ)と森須賀子さん

さて、私が住む十勝も朝晩は涼しく、日に日に秋の深まりを感じるようになりました。
明日21日は「中秋の名月」ですが、秋の夜空に浮かぶ月に、人々は収穫の感謝と来年の豊作を願っていたそうです。今年は2013年以来、8年ぶりとなる「中秋の名月」が満月になるとのこと…。

それぞれの想いを胸に…美しい月を楽しみましょう。

秋の深まり、中秋の名月イメージ

秋の全国交通安全運動

秋の深まりとともに、日の入りもすっかり早くなってきましたが、明日21日(火)から30日(木)までの10日間「秋の全国交通安全運動」が始まります。

帯広警察署によると、今年は死亡事故が既に4件発生していて、いずれも季節性の要因が考えられるということですが、交通安全運動と交通事故の防止についてお話を伺って参りました。

皆様ご存知のとおり「交通安全運動」は、季節毎に行われていますが、春と秋は全国一斉に行われるもので、住民の意識を高めることを大きな目的としています。

春は就職や異動など、環境の変化に起因する事故が多く、秋は日没時間が急激に早まることなどから、信号の見落としなどによる事故が起こりやすくなるそうです。

今回の「秋の全国交通安全運動」は、
「夕暮れ時 あなたを守る 反射材」
をスローガンに
(1) 歩行者の安全確保
(2) 安全運転意識の向上
(3) 法令遵守の徹底
(4) 飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶

の4項目を重点に行うそうです。

事故を防止するためには、夕暮れ時間帯における自転車利用者や歩行者の発見遅れ、日暮れが早まることを認識した運転者、歩行者双方の安全意識の向上、交通ルールの遵守と交通マナーの向上に努めることが重要だとのことですので、みんなで痛ましい交通事故の防止に努めましょう!

交通事故のない十勝となるように、皆さま一人一人のご協力をお願いします!わたしも歩行者の立場から協力して参りたいと思います。

交通安全のイメージ

2021年 9月 20日
中川 郁子(ゆうこ)