vol.69 「災害から身を守るために」、「新型コロナワクチン接種」 ~ 中川郁子のメルマガ/中川ゆうこの“ゆうこう(有効・友好)便” ~

こんにちは、中川郁子(ゆうこ)です。

先週は、西日本・東日本で大雨による災害発生の危険度が極めて高い状況となり、土砂崩れや浸水被害などが各地で発生しています。
不眠不休で救出作業に従事されている自衛隊や警察、消防ほか関係機関の皆さまに、あらためて敬意と感謝を申し上げます。

犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

災害から身を守るために

十勝地方、台風での洪水・土砂災害時の写真

十勝でも、平成28年北海道豪雨災害がありましたが、最近では毎年のように各地で水害が発生しています。また、一日の降水量が記録的となる大雨の発生頻度が増加傾向にあり、内閣府は、風水害から身を守る行動として、次の注意喚起を行なっています。

【身を守るために】

(1) 日ごろの備え
・避難場所、避難経路の確認
・非常持ち出し品の点検
・過去に起きた水害や土砂災害の有無を確認

(2) 防災気象情報で早めの対策
・最新の気象情報をチェック
・大雨警報や洪水警報が発表されたら避難準備

(3) 避難は状況に即して判断・行動
・危険が迫る前に早めに避難
・浸水の中の避難は非常に危険
・大雨、強風など置かれた状況に応じた判断

また、集中豪雨や長雨で地盤が緩むと土砂災害が発生しやすくなります。ハザードマップの確認や大雨の際に土砂災害警戒情報の発表にも注意し、家族、自身の「命を守る!」ことを最優先に考えて行動するようお願いします。

ゆうこう便vol.64でも触れています。
わがまちハザードマップ  https://nakagawa-yuko.jp/?p=2639

新型コロナワクチン接種

今週の最後に… 全国的に感染拡大が止まらない新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、少し触れたいと思います。

地域差はありますが、わたしの周りでもワクチン2回目の接種を終了した方が増えています。一方でワクチン2回接種後に感染が確認されたケースも報道されていて、本当に不安に思っている皆さまもいらっしゃると思います。

国立感染症研究所は、ワクチン接種率の高い国でも「ワクチン接種後の感染が確認されているのも事実としながら、ワクチンの有効性の高さとワクチン接種後も感染防止対策の継続が重要」としています。

ワクチンの2回接種が終了しても、感染しないというものではありません。ワクチン接種により気持ちを緩めることなく、マスク、手洗い、ゼロ密の基本を守って感染拡大の防止に協力しましょう!

新型コロナワクチン・厚労省 Q&A
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/effect/

花とオブジェのイメージ写真

2021年 8月 16日
中川 郁子(ゆうこ)