vol.58 「重要土地規制法案」、「水資源目的の土地買収」 ~ 中川郁子のメルマガ/中川ゆうこの“ゆうこう(有効・友好)便” ~

こんにちは、中川郁子(ゆうこ)です。

先週26日(水)は、皆既月食でした。皆さまご覧になりましたか?
わたしは、家の窓から月を探しましたが、見つけることが出来ず、でもどうしても見たくて近所の中央公園まで出かけました。天空に浮かぶ大きな月の表情は、まさに悠久の浪漫ですね。

皆既月食の写真

重要土地規制法案

5月28日(金)、衆議院内閣委員会で「重要土地規制法案」が賛成多数で可決されました。

委員会採決では、自民党・公明党のほか、野党からは国民民主党・維新の会も賛成にまわりましたが、立憲民主党と日本共産党は、私権の制限になるということで猛反対し、怒号の飛び交う中での採決となりました。

この法案の経緯を少し説明しますと…今から10年以上前の話になりますが、長崎県対馬市にある海上自衛隊に隣接する土地や北海道千歳空港近くの航空自衛隊千歳基地に隣接する森林が、韓国や中国資本の企業により買収されていたことで社会問題となりました。

電波妨害などの行為が行われていないかの調査をすることは、安全保障の観点から必要だと全国自治体より規制を求める意見書が提出されていました。

この法案が通ることで、政府が重要だと判断する土地について、土地や建物の利用状況、持ち主などを調査することができるようになります。自衛隊、米軍基地、海上保安庁の施設、原子力発電所の周辺1キロや、国境離島などが対象となっています。

明日6月1日(火)の本会議で可決され、参議院に送られます。主権国家として絶対になくてはならない法律です。「日本を守る」「北海道を守る」法案成立に、ご注目ください!

水資源目的の土地買収について

北海道では、外国企業による土地取得が、この5年間で2倍の3000ヘクタールになったと言われています。

法案が通れば、次は「水資源目的の土地買収について」の法整備となります。かつて私が会長を務めさせて戴いた「水資源目的の外国資本による土地の買収について規制をする法律」を作ろうと集まった「水の勉強会」…次期衆議院議員選挙になんとしても当選して、停滞している法案を立法にこぎつけるための仕事をしたいと強く思います。

最後になりますが、十勝でも病院、施設などで新型コロナウィルス感染症のクラスターが深刻化しています。
医療従事者、介護施設職員の皆さまの昼夜を分かたぬご努力に心より感謝と敬意を表します。

2021年5月31日
中川 郁子(ゆうこ)

▼最新の twitter

メルマガ 会員様募集!登録はこちらから 中川昭一ライブラリー