活動報告

2016年3月の活動報告

十勝の高規格道路の延伸については、地元の強い要請を背景に諸先輩のお力も借りながら東奔西走し関係者への説明を続けた。

その結果、国土交通省の社会資本整備審議会道路分科会北海道地方小委員会(札幌)の判断を踏まえ、10日、同道路分科会事業評価部会(東京)は、「高規格幹線道路帯広・広尾自動車道忠類大樹~豊似(広尾)間(15.1km)の新規事業化」が妥当と判断した。

29日、平成28年度予算が参議院を通過し成立し、総事業費約200億円の事業がスタートすることになった。

農業地帯である十勝の特徴を一層活かすため、広尾港のまでの延伸を早期に実現すべく引き続き取り組んでいく。