活動報告

2015年5月の活動報告

農林水産省から国会に対し「食料・農業・農村の動向」(いわゆる農業白書)を提出しました。

都市住民の「田園回帰」や定年退職を契機とした農村への定住志向等の最近の動きが紹介されています。

また、先進事例として北海道では、企業家精神を持った人材育成に係る帯広農業高等学校の取組、ロボット技術やICTを活用した新たな農業の取組、十勝産小麦の普及拡大と付加価値向上の取組、農林漁業者が主体となったバイオマス発電(JA士幌、鹿追町)等が取り上げられています。

農林水産業の魅力を効果的に伝えるツールとして広く活用して頂いたくことを期待しています。